2月に合宿免許へ参加するメリットや注意点について

合宿免許が行われる時期は自動車学校などの施設側の都合で異なりますが、2月ごろは利用者の数の割には料金が安く設定される傾向にあります。お得に免許を取得するためにも、2月を選ぶメリットや参加する際の注意点を学びましょう。

新生活のスタートに必須な自動車免許

2月は新生活の準備期間

2月から3月の間は新年度に当たる4月の準備期間とされています。学生や社会人は新生活をスタートさせる際、この時期に様々な準備を行うのです。自動車免許も例外ではなく、忙しくなる前に取得する必要があります。特に社会人の場合は仕事に従事すると免許取得の時間を割くのが非常に困難です。そのため、ある程度は時間に余裕がある2月から3月の間に合宿免許へ参加し、免許の取得を済ませておくのが得策と言えるでしょう。

2月に合宿免許の参加者が多い理由

特に2月は気温が氷点下まで下がることがほとんどであり、路面は雪や氷が積もっている状態です。自動車の運転を敬遠しがちな時期ですが、それだけに運転技術を学ぶには最適な環境とも言えます。道路のコンディションは決して良い状態ではないものの、2月に合宿免許の参加者が多いのは通常の実技講習が凍結路面の講習とほぼ同じになるためです。また、2月や3月は費用が安く設定されているのも参加者の多さに繋がっています。お金をかけずに運転技術を磨きながら免許を取得するならこの時期の合宿免許が最適と言っても過言ではありません。

冬季間の合宿免許の注意点

路面の状態が悪いので講習が難しくなる

合宿免許の講習は季節に関係なく、いつ受けても内容は同じです。車両を走行させる実技講習も同様ですが2月の場合は事情が異なります。講習の内容は同じでも路面は常に雪や氷に覆われている状態なので、車両を思い通りに動かすのは容易ではありません。合宿免許は一定期間の中ですべての講習をクリアする前提でスケジュールが組まれていますが、2月は路面の状態が常に悪いので必ずしもスケジュール通りに進むとは限りません。合宿免許の期間が終わっても講習がクリアできず、新生活を始める前に免許を取得できない可能性もあります。そのため、合宿免許に参加する際は日程と休みの期間を照らし合わせて慎重に判断することが重要です。

補習を受けるとそれだけ費用が嵩んでしまう

合宿免許を受ける利点として費用の安さが挙げられます。自動車学校など合宿免許を行う業者によって多少の違いはありますが、数万円ほど安くなるので出費を抑えたい人には魅力的です。しかし、講習をクリアできずに補習を受けるとそれだけ追加費用が発生します。2月は路面が悪い状態なので運転が難しく、人によっては何度も補習を受ける羽目になります。こうなるとかえって出費が嵩んでしまい、合宿免許を選んだ意味がありませんので、お金の節約を重視するなら講習を受ける時期にも注意する必要があると言えるでしょう。

路面の状態が悪いので講習が難しくなる

合宿免許の講習は季節に関係なく、いつ受けても内容は同じです。車両を走行させる実技講習も同様ですが2月の場合は事情が異なります。講習の内容は同じでも路面は常に雪や氷に覆われている状態なので、車両を思い通りに動かすのは容易ではありません。合宿免許は一定期間の中ですべての講習をクリアする前提でスケジュールが組まれていますが、2月は路面の状態が常に悪いので必ずしもスケジュール通りに進むとは限りません。合宿免許の期間が終わっても講習がクリアできず、新生活を始める前に免許を取得できない可能性もあります。そのため、合宿免許に参加する際は日程と休みの期間を照らし合わせて慎重に判断することが重要です。

補習を受けるとそれだけ費用が嵩んでしまう

合宿免許を受ける利点として費用の安さが挙げられます。自動車学校など合宿免許を行う業者によって多少の違いはありますが、数万円ほど安くなるので出費を抑えたい人には魅力的です。しかし、講習をクリアできずに補習を受けるとそれだけ追加費用が発生します。2月は路面が悪い状態なので運転が難しく、人によっては何度も補習を受ける羽目になります。こうなるとかえって出費が嵩んでしまい、合宿免許を選んだ意味がありませんので、お金の節約を重視するなら講習を受ける時期にも注意する必要があると言えるでしょう。

2月ならではの特徴を把握することが大切

合宿免許を行う時期は様々ですが、2月に参加する場合はその時期特有の気候や路面の状態を正しく把握することが重要です。慎重な運転方法を学ぶことができるものの、全体の難易度が高い傾向にあるので十分に注意する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です