最安で合宿免許に行く方法とは

最短で1か月から2か月の間で実技試験終了間近まで完了させるのが合宿免許ですが、実際に利用する場合において最低でも25万円以上かかってしまうので負担が大きいです。そこで合宿免許の負担を軽減する方法として、この記事では合宿免許をできるだけ最安値で利用できる方法を紹介します。

最安値の条件として「閑散期」を狙おう

最安値で合宿免許を利用する方法として、まず大事なことは「閑散期」を狙うことです。「閑散期」というのは来客や注文などが比較的少なくなっている状態を意味し、他の業種と同じく合宿免許にもこの時期が存在します。合宿免許においての、「閑散期」は4月から6月と10月から11月が該当するのです。これらの時期は利用しやすくなる長期休暇がないこと、そして長期休暇を利用して合宿免許を行った人が実技試験修了間近まで過程を終わらせているので退所しているのが理由になります。実際にどれほど下がるのかというと、最盛期を意味する「繁忙期」を迎える7月から9月の期間においての利用料金は平均で25万以上かかるのに比べて、繁忙期を終えた「閑散期」だと、平均価格として15万から20万円まで料金が下がります。

施設ごとに行っているサービスを利用する

「閑散期」を狙う以外で、もうひとつ重要になるのが施設ごとで実施しているサービスを利用することが重要になります。繁忙期を終えたといっても、合宿免許を行う施設では施設の維持管理費を得るために利用者を確保しなければならないです。そこで「閑散期」でも利用者を一定数確保するために、この時期には施設側が独自のサービスを行います。

たとえば宿泊施設までの行き来も移動料金として請求されますが、サービスで移動費を免除してくれるので安くなるのです。それ以外にも施設内で行う1次試験の再受講を含めた受験費の免除や、宿泊施設でのサービス利用費を割引してくれるなどがあります。施設によって実施されるサービスに違いがあるため、サービスを利用する際には電話での相談及びホームページで確認することが大事です。

そのほかの安くなる方法を紹介

「閑散期」を狙うことそして施設ごとで行われるサービスを利用することが最安で受けられる基本的な条件ですが、これ以外にもいくつか安くする方法があります。通常はホテルや旅館で宿泊するのが定番ですが、最安値で取得するのであればシェアハウスタイプを選ぶのもよいです。シェアハウスは一つの施設内で集団で寝泊まりをするだけでなく、基本的に料理については現地のスーパーで購入して自炊で行うようにしています。施設の利用料金だけを支払うだけなので、ホテルや旅館に宿泊施設を利用するよりも安くなります。

そして意外に狙い目なのが11月から始まる冬の時期において、合宿免許で利用する施設を東北及び北海道を選択することです。11月に入ると東北及び北海道は、北からの冷たい風の影響で大量の雪が降るため合宿免許の利用者が減るので安く設定されています。もちろん安全面を考慮して学習できるようにしているので、積雪地帯であっても安心して学ぶことができるのです。

実施期間をしっかりと調べよう

合宿免許を最安値で利用するためには、繁忙期を終えた「閑散期」を狙うことそして施設ごとで行っている独自サービスを利用することです。ただこれらのサービスには実施期間が存在するので、利用する際には電話相談及びホームページで調べることが重要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です