合宿免許卒業にかかる期間はどの程度なのか

合宿免許はまとまった日数を免許取得のために利用することができるコースですが、実際に利用するとなるとどの程度の期間を要するのか気になるという人も少なくありません。そこで今回は、合宿免許の卒業にかかる期間について解説していきます。

合宿免許卒業までの平均期間

合宿免許で免許を取得するためには、自動車教習所が実施している仮免試験や卒業検定に合格する必要があります。仮免試験は入学してから7日後、卒業検定は14日後に実施しており、それに合格すれば合宿免許は終了です。後は1年以内に各都道府県の試験会場で本免許学科試験を受けて合格すれば、自動車免許を取得することができるという流れになっています。このため合宿免許を卒業するためには、最低でも14日間の期間が必要となります。それを踏まえて合宿免許卒業までにかかる平均期間を見てみると、AT車で14日から16日、MT車で15日から17日と言われているようです。

ちなみに自動車教習所によっては合宿免許中に週1回の休みを設けていることがあり、その場合はAT車での最短卒業期間は16日となっています。このように最短でも14日程度が平均期間となっている理由としては、合宿免許中に利用できる教習の時間に制限がかかっているためです。自動車教習所では合宿免許中に学科と技能の2種類の教習を受ける必要があるのですが、ある程度スケジュールが決まっている場合もあれば利用している生徒が自由にスケジュールを決めることができる場合があります。いずれの場合でも学科は最大で3時間、技能は最大で2時間と決まっています。

そのため1日最大で5時間しか教習を受けることができないようになっているため、どうしても卒業するまでに期間が必要となっているのです。

合宿免許は14日以上利用することもできる

このように合宿免許の卒業までにかかる平均期間は14日から17日程度なのですが、この期間で必ず卒業しなければいけないというわけではありません。実は教習所を利用する場合、入校してから9か月以内に卒業しなければいけないという決まりがあります。これは合宿免許も同様であり、やむを得ない事情がある場合は期間を延長することができるのです。特に一時帰宅した場合はどうしても卒業までに時間がかかってしまうケースが多いので、教習所側もそれなりに期間がかかることを理解して対応してくれます。ただあまりにも時間がかかり過ぎると合宿免許ではなく一般のコースでの教習に変更した方がいい場合もあるので、注意が必要です。

合宿免許卒業までの最長期間は特に設定されていませんが、平均としては30日程度とされています。それ以上かかる場合は延長費用や宿泊費用など一般のコースよりも費用負担が大きくなってしまうため、合宿免許を長引かせるメリットはあまりないと考えられています。

合宿免許を卒業するまでの期間は2週間程度が平均

このように合宿免許を卒業するまでの期間は一般的に14日から17日程度が平均とされており、スケジュールをきちんと管理して取り組めば最短期間で卒業することができます。諸事情があれば延長することもできますが、費用負担が大きいので早めに卒業することが推奨されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です