何を用意すればいい?合宿免許の持ち物をジャンル別にご紹介

合宿免許に参加する際、気を付けたいのが持ち物です。教習所に自宅から日々通うスタイルと異なり、合宿免許は宿泊を伴うこともあって必要な物が多くなります。また、合宿する場所によってはないとなかなか入手が難しいアイテムも。本記事では、合宿免許において準備しておきたい持ち物を、必須のアイテムとあると便利なアイテムでジャンルを分けながらご紹介します。

合宿免許に必須の持ち物

まず絶対に忘れられないのは入校に必要な書類です。せっかく合宿免許に出掛けてもこれを忘れてしまうと参加できなくなってしまいます。書類は合宿によっても異なりますが、主に住民票(本籍地記載のもの)や、本人確認書類は求められることが多いでしょう。また、書類に押す印鑑なども必要です。合宿免許の際、提出しなければならない書類は必ずチェックしておきましょう。自動車学校で学ぶために必須の持ち物もあります。例えば学科授業の際などに使う筆記用具、運転しやすい服・靴などです。なお、メガネやコンタクトを使用している場合は、必ず持っていきましょう。

携帯電話や現金なども忘れられません。合宿免許の期間は大体2~3週間ほどです。その間、携帯や現金なしで過ごすことは難しいでしょう。生活用品などを忘れた場合は現地調達するという方法もありますが、携帯や現金を忘れた場合は現地でカバーすることができません。絶対に忘れないよう気を付けましょう。携帯の充電器もセットで持っていってください。そのほか、洗面用具や洗髪アイテム、タオル、着替えなどの生活用品も用意しましょう。合宿する寮の設備にもよりますが、生活消耗品は備え付けられていない場合もあります。自分の滞在する場所の設備を確認した上で、足りないものは準備してください。また、もし合宿免許中に病気やケガをした場合に備え、健康保険証も持参した方が良いでしょう。

合宿免許にあると便利な持ち物

合宿中に不足しそうなものは多めに持っていった方が便利です。例えばハンガーなどはあると重宝するでしょう。部屋に備え付けられていることも多いアイテムですが、合宿中に洗濯したものを干したりなど、一気に何本も使用する可能性があります。また、電源タップやテーブルタップもあると便利です。1人部屋であれば部屋のコンセントは自由に使用できますが、相部屋の場合は人数に対しコンセントの数が不足する可能性もあります。そんなときにコンセントの数を増やすアイテムはとても役立ちます。なお、相部屋で寝るときに人の気配が気になりそうという方は、アイマスクや耳栓などを用意するのも良いでしょう。

そのほか、合宿中の余暇を楽しく過ごせるような娯楽アイテムもおすすめの持ち物です。授業時間の以外は外出も可能ですが、出掛けずに合宿所内で過ごしたいときもあるでしょう。本やポータブルのゲーム機などのほか、大人数で遊ぶことができるカードゲームなどもおすすめです。一緒に遊べばほかの合宿参加者との交流がスムーズにできるかもしれません。

持ち物を完璧に準備して合宿免許を快適に過ごそう

合宿免許を快適に不便なく過ごすためには、持ち物をしっかり準備することが大切です。何を持っていけばわからないという方は、ぜひこの記事を参考にしながら持ち物をリストアップしてみてください。また、合宿のスケジュールを確認し、1日の流れを想像しながら何が必要か考えてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です