運転免許証でカードローンで借金

合宿免許で免許取得して、クルマを運転、運転免許証って、そのために存在しているものという当たり前の認識の仕方があります。

しかし、そうではなく、運転免許証があるから借金が出来たという人たちも多くいらっしゃるようです。

運転免許証でカードローンで借金する

カードローンで借金しようと思えば、本人確認書類が必要となります。そのとき、証明するものが必要になって来ますが、ズバリ、カードローンは、運転免許証があれば、no problemです。

最近では、カードローンの借り入れも段々とハードルがアップして、収入証明証とセットで提出を要求しているところもありますが、カードローン会社を上手くselectすれば、運転免許証だけでもOKです。

運転免許証だけで借りる場合は50万円まで

しかし、運転免許証だけで、カードローンで何百万円も借金が出来るということではありません。

だいたい大手の消費者金融とか、カードローンでは、はじめて利用する人たちには、50万以下までしか貸し出ししないというルールを決めているようです。

しかし、おおかたの人たちは、50万以下程度の借金をすることができれば、OKではないでしょうか。そもそも、それ以上の借金は相当計画性をもたないとリスクも高いので注意した方がいいでしょう。

おおかた、借入額が50万円を超えない借入額であって、他社での借入合計額が100万円を超えないケースでは、運転免許証でもお金を借り入れすることができます。

銀行系カードローンは収入証明書も原則必要

貸金業法が改正になって、総量規制によって自由にお金を貸し出しすることができない事態がおき、それぞれが自主規制をするようになり、銀行系カードローンは収入証明書も原則必要という流れになっています。

銀行カードローンの方が、金利が低くていいと思うのかもしれませんが、金利が低い分だけで銀行では、回収出来ないリスクを最小限に留めなければならないので、だから銀行系カードローンは収入証明書も原則必要なのです。

消費者金融では、金利が、銀行カードローンと比較して高いと思うかもしれませんが、それって、審査がゆるくて返済してくれないお客様がいるから、その分上乗せになってしまっていると考えていいでしょう。

いずれにしても、合宿免許で運転免許取得して、カードローンで借金というのはOKなのです。運転免許証は、充分借金する時の証明にもすることができるのです。なかなか自分自身を証明する方法がなかったという人たちにはちょっとした朗報ですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です