カーリースでOK?カーリースのデメリット

あなたはお金がないから、カーリースの選択肢でOKというかもしれません。

カーリースでも合宿免許で運転免許取得して、新車をゲットすることができる手段です。

しかし、カーリースにはデメリットも存在しているので、あらかじめデメリットもしっかりして総合的判断をしていかなければならないでしょう。

カーリースでOK?カーリースのデメリット

カーリースには、いろいろメリットが存在して、カーリースでOKという人たちが多くいらっしゃることでしょう。

豊富な車種から好きなものを選べたり、 乗り換え時にクルマを売る、また廃車をするときいちいち面倒くさい手続きは不要……などなど。カーリースの選択肢もなかなか悪いものではありません。

しかし、カーリースにはデメリットもあり、デメリットを知れば、メリットはあるけど、カーリースはやめておこう……ということになるのかもしれません。

カスタマイズできない

あなたは合宿免許で運転免許取得してカスタマイズしたいというモチベーションをお持ちではないでしょうか。しかし、あなたがカーリースの選択をした場合、 基本的にドレスアップやカスタマイズができないと考えてください。

カーリースで使用しているクルマは、所有者はリース会社です。カーリースの選択肢であれば、いつまでたっても、自分自身の持ち物ではありませんので、なかなか自由に……という発想は持つことができないでしょう。

原状回復しなければならない

そして、カーリースの選択肢は、クルマをリース会社に返却ということになりますが、そのむときには、クルマは、原状回復しなければなりません。

そのような意味では、やっぱりカーリースって、新車に乗ることができていいのかもしれませんが、自分自身のクルマという意味あいではほど遠いという感じがあります。

月間走行距離に制限があるなど

そして、あなたがカーリースの選択をした場合、月間走行距離に制限があるというデメリットもあります。

契約プランやカーリース会社によって様々違いは出てきてしまうのかもしれませんが、 カーリースでは契約した時に月間の上限走行距離平均がセッティングされているのです。だいたい、500から2,000kmあたりのようです。

そして、走行距離がオーバーしてしまったら……、そのときは月々支払いしている料金に対して、追求を支払いしなければならないのです。

気が付けば、あなたは、クルマを購入するよりも高いお金をリース会社に支払いしているということになってしまうのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です